彼氏の口臭にうんざり(H・Iさん 20代女性)

彼氏の口臭にうんざり(H・Iさん 20代女性)

口臭の体験談

 

H・Iさん 20代
埼玉県 大学生

私は、時々口臭が気になります。とくに、心配なのが寝起きの口臭です。

 

朝の歯磨き前は、口の中が乾いてネバついた感じです。自分でも不快な臭いが気になる日もあります。

 

だから、朝は直ぐにうがいと歯磨きをしたいのに、彼の寝起きのキスに困ってしまいます。

 

歯磨きした後や、日中の口臭予防のタブレットを食べた後なら、自信を持ってキスできるのですが、寝起きはちょっと自信がないです。

 

自信がないので、口臭がバレないように、いつも彼より早起きをして一番にうがいと歯磨きをすませるようにしています。

 

 

ところが先日彼の方が早く起きていました。キスの雰囲気だったのに私はついつい寝起きの口臭が気になって拒んでしまいました。

 

すると、彼は私がキスを拒んでしまったことが、すごくショックだったようで、とっても機嫌が悪くなってしまいました。

 

口もきいてくれないし、朝ごはんも食べずに仕事に出かけてしまいました。

 

朝から、とってもマイナスな1日の始まりでした。拒んだ私がいけなかったのは良く分かりますが、「寝起きで口臭が気になるからキスはイヤ!!」なんて、恥ずかし過ぎてとても正直には伝えられませんでした。

 

彼女視点での自分の口臭について

もし口臭のせいで彼に嫌われてしまったら、私は絶対に立ち直れません。きっとその先ずっと自分に自信なんて持てなくなってしまいます。

 

可愛くメイクが決まっても、コーデが完璧でも「口臭がだめな私」、ダイエットに成功したって「口臭がだめな私」って感じで、口臭が臭い残念な私と、何においても自信を持てなくなってしまいます。

 

メイクもオシャレも無駄になんてしたくないです。口元を隠して、生活したくないです。

 

それで自信を持つために、歯ブラシも歯磨き粉もいつもより少し高価なものに変えて、マウスウォッシュも使っていつもより丁寧に、しっかりと歯を磨きました。

 

そしたら磨き終わった歯はとってもツルツルで気持ちよく眠りにつけました。(手間は大変でしたが)

 

歯磨きのスタイルを変えてからは、朝は完璧ではありませんが、口のネバつきがちょっと減った気がします。やっぱり歯磨きは大切ですね。

 

でも、口臭は完璧になくなったわけではありません。

 

そして、対策をもう一つ、ベットの横にお水を置いて目が覚めた時に口に含む様にしてみました。喉と口の中が潤ってとってもスッキリします。

 

でも、調べる口臭は口の中だけが原因ではないようです。お腹の中からも臭う事があるよですね。

 

口だけじゃなくて、体の健康にも気をつけて、朝から口臭が気にならない様になりたいです。自信を失わないように努力しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 彼女の口臭|TopPage

関連するページ

新しい上司の半端ない口臭
口臭の被害で最も多いのが部下・上司という間柄です。相手の立場上どうしても口臭のことが指摘しづらく、どうすればいいか手をこまねいている人は多いようです。ここではそんな上司の口臭被害に悩んでいたJIさんの体験談をご紹介します。
バイト仲間のキツイ口臭
従業員の多い職場はそれだけキツイ口臭を撒き散らしている人と遭遇する確率も高いもの。かくいう管理人も昔働いていた某倉庫ではそういう状況に置かれていました。今回紹介するのはお菓子製造工場で働いていた20代女性、AHさんの体験談です。
お義母さんの口臭。指摘できない
他人の口臭被害は様々です。会社上司であれば異動で物理的に避けることもできますが、親族、それも血の繋がっていないお義母さんともなるとそれを指摘するのは困難を極めますよね。ここではそんなお義母さんの口臭に頭を悩ませていたKSさんの体験談をご紹介します。
矯正している娘から口臭が
口臭といえば基本は口腔内のトラブルが原因で発生しますが、中には内臓系の疾患や歯科矯正時に発生したりすることもまれにあります。今回紹介するAMさんの娘さんもそんな歯科矯正時に口臭が発生してしまったパターンです。
長年付き合っている親友の口臭
他人から受ける口臭被害といえば総じて自分より目上の人だったり微妙な距離感なので口臭のことを指摘しづらい人だったりするのですが、中には自分と距離が近すぎるが故に口臭を言いづらい人もいます。ここではそんな悩みを持っていたSHさんの体験談をご紹介します。
年上部下への口臭教育の悩み
職場における口臭の悩みといえば大抵部下が上司の口臭に悩む、というものですが、ごく稀に例外があります。それが上司が部下の口臭に悩むというものです。特に年下部下ともなると難しい関係性のため、どう伝えるか気を遣いますよね。ここではそんなピンチを上手に潜り抜けたKKさんの体験談をご紹介します。