口臭の原因

口臭の原因

口臭の原因って何でしょう?

 

今でこそ研究も進んで世間の理解も深まってきた口臭ですが、中には未だに餃子に含まれるニラやラーメンのニンニクこそが口臭の最大の原因と思っている人は少なくありません。

 

ニラとにんにく

 

確かに香味野菜に含まれるアイリン・アリシンは胃の中に入れるとムワッ!と異臭を発するので、それを嗅いだ人が臭いと思うのは当たり前のことです。

 

 

でも、これはあくまで植物が草食動物から身を守るために発するニオイであって、口臭というよりも刺激臭といった方が正確です。

 

植物の防御反応でしかないので1日〜2日置けばいつのまにか消えますし、心配する必要はありません。

 

本当にどうにかしなければいけないのは性ホルモンの減少が原因の口臭です。

 

 

性ホルモンの減少と口臭の関係

 

性ホルモンについては一度こちらのページ(>>データ紛失につき、現在再執筆中です・・・<<)で取り扱いましたが、これが減ると身体の中の水分も減ります。

 

 

例えば、日常生活の中で以下の項目がよく当てはまる人は体内のみずみずしさが失われつつあるので注意が必要です。

 

  • スーパーのレジ袋など、ビニール系の袋が取りづらい
  • お札を1枚づつ取りづらい
  • 年齢と共に冬の乾燥が酷くなる
  • 乾燥肌気味で顔からよく粉がふく

 

体内の水分量の減少は口の中の唾液の分泌量にも大きな影響します。

 

というのも、唾液には口内雑菌の繁殖を抑えて洗い流す役割があるので、その唾液が減ると結果的に口内は雑菌だらけになります。

 

 

もうお分かりかと思いますが、口臭が発生するよくある原因はこの唾液分泌量の低下に伴う口内雑菌の増殖だったのです。

 

また、唾液が減って雑菌が増えると当然、歯周病や虫歯のリスクも激増します。

 

そして進行した虫歯・歯周病はそれ自体が今度は口臭の原因になる・・・という悪循環を作り出してしまいます。

 

高齢者=口がクサい確率が高い、というのは多くの人が肌感覚で理解しているかと思いますが、それはお年寄りが食後の歯磨きをサボっているからではありません。

 

唾液の分泌量が減って口内雑菌が増えていたり、歯周病をはじめとした口内トラブルで雑菌が増えているのが本当の理由だったわけです。

 

 

こうなると気になるのは加齢による口臭を消すにはどうすればいいか?という点。

 

それについてはこちらのページ>>口臭を消す方法(現在執筆中)<<でまとめているので参考にしてみてください。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 彼女の口臭|TopPage

関連するページ

口のニオイの用語集
このページでは口臭にまつわる様々な用語を解説していきます。基本的なものから専門的なものまで幅広く扱っていきますのでよろしくお願いします。
口臭予防は食生活が肝心
口臭の一番の原因は口内の食べかすによるものですが、同時に毎日の食生活も注意すべきでしょう。ここでは望ましい食生活・望ましくない食生活などについて解説します。
体臭予防につながる食品
人間の体は毎日の口にする食べ物によって体臭も変化します。お肉ばかり食べている外国人が体臭がキツくなるのは当然といえば当然なわけです。では体臭を予防するにはどんな食事を心がければよいのでしょうか。見ていきます。
靴の臭い対策
嫌と分かっていても中々解消dできない靴のニオイ。飲み会などで脱ぐときはついつい自分のニオイは周囲に漂ってないか気になりますよね。ここではそんな靴の臭いの対策方法について書きます。
なた豆と口臭の関係
皆さん「なた豆」という豆の名前を聞いたことがありますか?これは普通の豆とは違い、何と口臭対策に効果がある豆として今非常に注目を集めているんです。ここではそんななた豆について説明します。
現代社会と口臭
彼氏彼女の恋人関係だけに留まらず、現代はあらゆる人間関係において臭いの問題は厳しく見られています。現代はどうしてこのように臭いに厳しくなったのか。
口臭で自殺も
人間色々な悩みを抱えていますが、その中でも深刻でありながら周囲からは理解が得られないのが口臭です。中には自分の口臭に悩みすぎて自ら命を絶ってしまう人もいるほど。たかが口臭、されど口臭です。ここでは口臭で自殺してしまうようなケースについて見ていきます。
マウスウォッシュは万能ではない
多くの人がオーラルケア対策として使っているマウスウォッシュ。でも、実はコレ、オーラルケアの対策としてそれほど優れているわけではない(下手したら下策)なことをご存じですか?ここではマウスウォッシュが抱えるリスクについて解説します。