マウスウォッシュは万能ではない

マウスウォッシュは万能ではない

ハミガキ後にマウスウォッシュをする人というのも少なくありません。

 

実際に就寝前にマウスウォッシュを使用することで翌朝に口の中がスッキリして口臭がさほど気にならなくなります。

 

他にも人と会う時に事前に口の中をスッキリさせて口臭を抑制する効果が期待できるので身だしなみの一環として使用している人も多いですよね。

 

しかし、そんなマウスウォッシュがかえって口内環境を悪化させてしまうリスクがあることをご存じでしょうか?

 

ここではマウスウォッシュに潜む知られざるリスクについて解説します。

 

 

マウスウォッシュが体内に取り込まれる危険性

一部のマウスウォッシュ、ハミガキ粉には刺激が強いラウリル硫酸ナトリウムという成分が配合されています。

 

この成分はシャンプーにも使用される主成分の一種(界面活性剤)で高い洗浄力があり、さらに安価に製造できるといった特徴があります。

 

しかし、分子が相当小さいので肌に浸透しやすという特徴があり、経皮毒で危険があると言われ近頃は配合されている商品は減少傾向にあります。

 

そういう事情から近年ではラウリル硫酸ナトリウムより分子が大きく経皮吸収率が低いラウレス硫酸ナトリウムを配合する商品が主流になりつつあります。

 

ですがラウリル硫酸ナトリウムも敏感肌の人の場合は肌に付着した際に肌荒れ、アレルギーが起こるケースがあるため決して体にとって良い成分とはいえません。

 

 

マウスウォッシュはクチュクチュした後に吐き出しますが、一度口に入れるので吐き出しても完全に口内から除去することは出来ません。

 

要するに唾液と一緒に体内に入ってしまうのです。

 

あとブラッシングを行うことで歯茎に小さな傷が付き、そこから化学物質が浸透することも忘れてはいけません。

 

マウスウォッシュは基礎成分の他にも発がん性がある成分が含まれている商品が存在します。

 

そのため含有量により肝臓、腎臓に障害が出る場合もあるので使用する時には注意しなくてはいけません。

 

 

マウスウォッシュのリスク

 

酸性で歯が溶ける

 

口臭予防効果があるマウスウォッシュには酸性が強い商品が多く長期的に使用することで歯の表面部分がザラついたり、エナメル質が溶ける心配があります。

 

さらに歯の健康に関与する歯茎へのダメージも考えられるので気をつけなくてはいけません。

 

細菌のバランスが崩れる

 

口内には虫歯菌、歯周病菌といった悪い菌の他にもいい働きをする常在菌があり、常在菌によって虫歯菌にならずに済みます。ですがマウスウォッシュをすることで口内に必要な常在菌を除菌してしまう恐れがあるのです。

 

虫歯菌といった細菌の繁殖を抑制していた常在菌が減ることで虫歯、口臭といった口内トラブルに発生するケースもあります。

 

口内を清潔な状態にする為に使用したマウスウォッシュにより口内トラブルが引き起こされることもあると言えます。

 

歯みがきを済ませた気になる

 

刺激の強いマウスウォッシュを使用すると歯みがきをしないでも口内に爽快感が感じることが出来ます。

 

だから、「スッキリしたから歯みがきはしなくてもいい」と勘違いをしてしまい、結局歯みがきをしないで歯のケアを終了させてしまう人もいるのです。

 

ですがその場合は口内がスッキリしていても歯に付着した汚れはそのままなので虫歯になってしまう事があります。

 

マウスウォッシュをする習慣をつけても虫歯の予防にはほぼ効果はないと言えます。

 

だから毎日の歯のケアにマウスウォッシュをするよりも、しっかりと歯みがきをすることが重要なのです。

 

将来的に見ても歯みがき、もしくはデンタルフロスを使用した予防の方がマウスウォッシュをするより虫歯を予防することが出来ます。

 

口臭の原因になる恐れ

 

アルコールといった刺激が強い成分が配合されているマウスウォッシュを使用することで唾液が減ってしまう場合があります。

 

口臭の原因は雑菌の繁殖で、雑菌の繁殖を抑える為にマウスウォッシュを使用している人が大半ですが口臭を予防する効果がある唾液の分泌量が減少してしまうから結果として口臭予防にならないケースもあると言えます。

 

マウスウォッシュにより唾液が減少すると口臭の原因となってしまう恐れがあるので注意して下さい。

 

 

過剰に殺菌すると逆効果に

 

マウスウォッシュは殺菌効果が期待できますが、それと同時に常在菌までも除菌してしまう恐れがあります。その結果人間が元々持っていた防衛機能が低下してしまうのです。

 

また、殺菌効果が強い商品を長期的に使用すると歯の表面部分が溶けたり、歯茎の炎症の原因となります。

 

要するにマウスウォッシュは口内を殺菌する効果はありますが、体への悪影響もある、というわけです。

 

それと歯についた歯垢には全くといっていいほど効果がないので一時的に口内はスッキリしても使うメリットは多くはありません。

 

だからマウスウォッシュを使用する場合はくれぐれも慎重に。

 

大半の歯科医は「歯周病予防の基本は歯磨き」と言っていて歯周病対策として口内の衛生をいろいろな視点より考慮し丁寧にブラッシングをすることが最適と患者に説明しています。

 

口内をすすぐだけで簡単に歯のケアをすることが出来るマウスウォッシュは歯垢除去には全く効果がないことが判明しています。

 

虫歯予防の基本はきちんと歯みがきをすることが大切と言えます。

 

そして歯みがきをきちんとした上でマウスウォッシュを使用するのなら出来るだけ刺激が少ない中性の成分のモノを選ぶようにして下さい。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 彼女の口臭|TopPage

関連するページ

口臭の原因について
多くの方は口臭の原因を日々の食べ物に求めがちですが、何も原因はそれだけに留まりません。ここでは口臭の原因として意外と忘れられがちな加齢の問題を取り上げたいと思います。
お口のニオイの用語集
このページでは口臭にまつわる様々な用語を解説していきます。基本的なものから専門的なものまで幅広く扱っていきますのでよろしくお願いします。
口臭予防の要は食生活にあり
口臭の一番の原因は口内の食べかすによるものですが、同時に毎日の食生活も注意すべきでしょう。ここでは望ましい食生活・望ましくない食生活などについて解説します。
体臭予防につながる食品 一覧
人間の体は毎日の口にする食べ物によって体臭も変化します。お肉ばかり食べている外国人が体臭がキツくなるのは当然といえば当然なわけです。では体臭を予防するにはどんな食事を心がければよいのでしょうか。見ていきます。
靴の臭いの対処法
嫌と分かっていても中々解消dできない靴のニオイ。飲み会などで脱ぐときはついつい自分のニオイは周囲に漂ってないか気になりますよね。ここではそんな靴の臭いの対策方法について書きます。
なた豆と口臭の深い関係
皆さん「なた豆」という豆の名前を聞いたことがありますか?これは普通の豆とは違い、何と口臭対策に効果がある豆として今非常に注目を集めているんです。ここではそんななた豆について説明します。
現代社会と口臭
彼氏彼女の恋人関係だけに留まらず、現代はあらゆる人間関係において臭いの問題は厳しく見られています。現代はどうしてこのように臭いに厳しくなったのか。
口臭で自殺も
人間色々な悩みを抱えていますが、その中でも深刻でありながら周囲からは理解が得られないのが口臭です。中には自分の口臭に悩みすぎて自ら命を絶ってしまう人もいるほど。たかが口臭、されど口臭です。ここでは口臭で自殺してしまうようなケースについて見ていきます。